生活習慣病の予防に良いサプリ@おすすめはこれでした

国も注目する生活習慣病

 

生活習慣病をもっている人というのは、統計にするのが難しいのですが、代表的な病気にかかっている人を統計から調べていくと、日本人の5〜6人に1人は生活習慣病を保有していると考えられます。病気を自覚して医療機関を受診している人だけでもこのくらいになりますから、潜在的にはより多くの人が生活習慣病を保有していると考えられます。

 

生活習慣病は非常に身近になっているので忘れられがちですが、最悪の場合は死にもつながるということは忘れてはいけません。日本人の死因の8割はこの生活習慣病に関わっているのです。そのため、国でも方針を定めて生活習慣病の対策に乗り出しています。その中でも特に重要なのが健診や保健指導です。

 

特に今はメタボ健診とも言われるほどメタボに注目をした健診内容になっていますが、内臓脂肪の量がある程度あると疑われる状況に、糖尿病、脂質異常症、高血圧のどれか二つが該当するならメタボと診断され、生活習慣病を発症する大きなリスクがあると考えられます。そして、それらに対して健康指導が行われるというのが現在の対策内容です。

 

これらが行われるのは、国の医療費をこうした生活習慣病が圧迫しているという状況もあり、積極的な対策が必要と考えられるようになっているからです。早く始めた自治体ほど成果を挙げている傾向があります。身近なところでもこういった啓蒙活動や動きはありますから、一度参加してみてどのようにしたらより健康的に過ごせるのか、考える機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

生活習慣病にDHA・EPA

 

日本の国家的課題とも言われる生活習慣病ですが、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満といったものは非常に問題となっています。メタボリックシンドロームという言葉もすっかり定着しましたが、問題の解決と言う点ではまだまだ遠い状況と言われています。

 

生活習慣病が増えたのは、食生活の変化が問題だとされています。昔と比べて高カロリーで、野菜の摂取量が減ったことが問題とされています。その中で、日本人は昔はたんぱく質の供給源は魚だったのが肉類に急速に変わりました。たんぱく質だけを求めるならそれも悪くはないのですが、肉類は脂質が高いことが問題です。そして魚類には悪性の脂質を分解するDHA・EPAといった栄養価があることがわかったのです。

 

実際、高血圧症による死亡率は、魚を毎日食べる人が1%、ほとんど食べない人では1.79%程度と差があり、心臓病は魚を毎日食べる人が1%ならほとんど食べない人では1.24%といったように差があるのです。DHAやEPAは血栓ができるのを防ぐ働きもしているので、心筋梗塞や脳血栓などの命に関わる病気を予防することができますし、また脳血管障害の原因となる血圧を下げる作用もあります。

 

血行を改善する効果が高いため、代謝を高めたり、冷えの改善などにも役立ちます。いろんな効果があることが研究が進むに連れてわかってきて、今では多くのサプリメントなども出ています。青魚から摂取できますが、その量は十分とはいえないことが多いので、時々サプリメントなどで補うようにするのが良いでしょう。生活習慣病の改善に有効な栄養素として、いつも頭の中に入れておきたいものです。

 

⇒ 生活習慣病予防サプリ@DHA&EPAが血液サラサラに

 

生活習慣病に有効なヘンプオイルとは

 

今、生活習慣病を予防することが国家的にも健康増進のために最重要課題となっていますが、それに合わせて多くの情報番組では健康の話題が取り上げられますし、メーカーからも生活習慣病対策の商品がたくさん販売されています。

 

その中でも今、注目されている食品がヘンプオイルです。ヘンプオイルとは麻の実から採れる油ですが、化粧品などでも利用されています。ヘンプオイルは何から採れるかというと、実は大麻です。大麻というと幻覚作用がある、麻薬のようなイメージがあると思いますが、それは「葉」や「穂」の部分であり、実に関しては非常に栄養価が高いことから世界中で食用に利用されています。麻の実から採れるヘンプオイルは肌の保湿力と浸透性にも優れていて、血行増進効果もありますから、化粧品やアロマオイルなどとしても利用されているのです。

 

これがどうして生活習慣病に有効なのかというと、人間の身体に必要な必須脂肪酸の含有量が80%ほどと非常に高くなっているからです。ヘンプオイルには天然の食用油の中で最も多くのγ−リノレン酸を含み、α−リノレン酸も豊富に含んでいるのですね。これらの脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールを排出してくれる働きがあるので、肥満や脂質異常症などの対策にもってこいなのです。α−リノレン酸には他にもアンチエイジング効果や血液循環改善作用、アレルギー症状の改善などの効果もありますので、いろんな面で健康効果が期待できるのです。

 

生活習慣病の予防改善に運動を

 

生活習慣病は特定の病気を指すのではなく、その不調の原因が普段の生活習慣にあるといものをまとめて言う言葉です。特に、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満は「死の四重奏」と呼ばれ、これらが合併して生じてしまった場合には命の危険度も大きく上がると言われています。それだけではなく、「サイレントキラー」といわれる高血圧・脂質異常症・糖尿病は、特に自覚症状がないままに症状が進行し、気づけば手遅れということもあり、最悪の場合にはある日突然、心筋梗塞や脳梗塞などによる突然死が生じてしまうこともあります。

 

そんな生活習慣病を防ぐためには、運動がとても大切です。運動習慣のない人に生活習慣病は多くなり、また肥満の人ほど生活習慣病になりやすいことから、運動によってカロリーをしっかり消費し、体型を守り、筋力をキープすることは生活習慣病の予防対策になるとされています。そのために有効な運動としては、まずは有酸素運動です。有酸素運動は脂質の燃焼に有効な運動ですから、それによって肥満対策をすることができます

 

また、血行も促進されるようになるので多くの血管系の障害に有効です。合わせて筋力トレーニングも行いましょう。筋肉が増えると基礎代謝が上がってエネルギーの消費量が増え、やせやすくなります。また体の不調をもたらすものを筋肉が分解するようになってくれるので健康になります。そして、ストレッチもマメにやっておくと、関節などのトラブルが減って、加齢による問題を軽減することができるようになります。

 

生活習慣病対策に黒酢

 

生活習慣病は今や多くの人の課題となっていて、実に日本人の3分の2近くは生活習慣病が原因で亡くなっているそうです。生活習慣病の予防や改善に注目されているのが黒酢です。黒酢の効果といえば、何と言っても血液をサラサラにする効果です。黒酢には血小板の凝集を抑える効果があります。その他にも、血液の流れをよくしてくれるアミノ酸も豊富に含まれていますから、黒酢を摂取していくと動脈硬化の予防や改善にかなりの効果が期待できます

 

動脈硬化になると、「狭心症」「心筋梗塞」「心不全」「脳卒中」「腎不全」といった様々な臓器に重大な事態を招くことがあり、場合によっては命にも関わってきます。ですから、黒酢を飲むことはこれらのリスクを低くすることにつながります。

 

黒酢は血管が拡張して、血流を改善し、高血圧も改善して動脈硬化のリスクを低くしてくれますから、生活習慣病に悩んでいる人には強い味方となるでしょう。カロリーも高くないので、血液の状態や体重にも良い変化があると思います。また、クエン酸を含んでいますから、体内のエネルギー代謝を高めてダイエット効果をもたらしたり疲労回復にも役立ちます。黒酢には良質なアミノ酸も多く、いろんな側面から健康に対してアプローチしてくれます。

 

ただ、もちろん黒酢を摂取していれば栄養が全部満たされるのではありません。あくまで、普段の生活にプラスすることで栄養バランスの改善ができる食品と考えて、生活習慣病の改善に役立てましょう。

 

カスピ海ヨーグルトでメタボ対策ができる?

 

カスピ海ヨーグルトというのは、食事をした後の血糖値を急激に上昇させない働きが期待できます。糖質であるブドウ糖などを食事などから取り込んだ場合、吸収された後に急激に血糖値が高まることになります。

 

この糖質というのは、エネルギーを作り出すために必要不可欠な成分になっているのですが、この血糖値を一気に高めてしまうような食事を日常的に行ってしまっていると、エネルギーとして消費されるよりも吸収される糖質のほうが多くなってしまうため、糖質が中性脂肪などに変換されて貯蔵されることになります。そのため、メタボリックシンドロームや肥満に発展してしまいやすくなるのです。

 

実験でブドウ糖や牛乳、クレモリス菌FC株が含まれているカスピ海ヨーグルトをマウスに与えて、どのような変化があるのかを観察するというものが行われました。この実験によって、牛乳を投与したマウスはブドウ糖のみを投与したマウスよりも、血糖値の数値を多少抑えることができたことが確認されたのです。そして、カスピ海ヨーグルトも与えたマウスの場合は、血糖値の高まりをさらに抑制させることができました。

 

もう一つ実験が行われ、粘り気がないヨーグルトを投与したマウスと、クレモリス菌FC株も含まれているカスピ海ヨーグルトを投与したマウスで血糖値がどのように変化するか観察しました。その結果、カスピ海ヨーグルトが与えられたマウスは血糖値がゆっくり上昇するということが判明されたのです。食物繊維が含まれていることによって、糖質が腸で吸収されにくくなるため、血糖値も急激に上がらないのではないかと考えられています。

 

耳ツボを刺激すれば認知症を予防できる

 

加齢によって体の衰えを感じるとおもいますが、脳も老化しており、それによって認知症の症状も現れます。認知症というのは色々な種類があり、脳の血管障害によるものもあれば、アルツハイマーのような原因不明のものもあります。何にしても認知症というのは加齢によってリスクが高くなるものなのでとにかく予防する方法があれば試してみることをオススメします。年をとっても元気でいたいという方はほとんどだと思いますので、認知症の予防方法を理解しておくといいでしょう。

 

認知症の予防方法というのは色々とありますが、その一つが耳ツボを刺激するというものです。その一つを紹介しますが、耳の中心のくぼみに腎のツボというものが存在しています。腎というのは脳の働きと関わっている重要な臓器だと東洋医学では考えられています。ですので腎のツボが脳の機能を高めてくれるとされており、さらに全身のエネルギーを高めるツボになりますので心身ともに元気になります。

 

この腎のツボのマッサージ方法に関してですが、そのツボだけを刺激するのではなく全体的にマッサージをすることで活性されます。手の平で耳全体を擦ったり、するのを数回やってみたり、耳を揉んだりするというのもいいでしょう。とにかく日常的に刺激をすることがいいですし、時間がなくてもできますのでふと思い出したときだけでも刺激してみてはいかがでしょうか。

 

即効性はありませんが、ツボを刺激するということを習慣化すれば健康にもいいですし継続的にやることが認知症予防にも繋がりますのでオススメです。

 

⇒ ボケ防止サプリなら@物忘れ改善・認知症の予防に!

 

糖質制限食に適している献立

 

きのこをホイルで焼く
ホイルで包んで焼いたキノコというのは、糖質もほとんど含まれていないですし、食べ応えもあります。このキノコに故障や塩などで味付けをすることで美味しく食べることが出来るようになるでしょう。

 

スクランブルエッグ
普通にスクランブルエッグを食べるという方法もありますが、もうちょっとで調理が終わるというところで、とろけるチーズをちょっと入れて加熱をせずにかき混ぜるだけで完成です。ただのスクランブルエッグだと味がシンプルすぎてしまって、飽きてしまいやすくなるのですが、チーズを最後に入れることによって、深い味わいを楽しむことが出来るようになります。また、スクランブルエッグにもチーズにもたんぱく質がたくさん含まれていますから、糖質制限食ダイエットに適しているのです。

 

どうしても朝はパンを食べたいという人もいるでしょう。インターネット上で糖質制限用のパンも販売されていますから、朝にパンを食べたいのであれば、糖質制限されているパンを食べるようにするといいでしょう。

 

なお、3食のうち、1食くらいは糖質を摂取したいのであれば、一番いいのは朝食に摂取するというものです。朝であれば、血糖値の上昇も抑制されにくくなっているため、あまりインシュリンが分泌されないということが分かっています。ですので、昼食や夕食で糖質を摂取するよりも、朝食で摂取するようにした方が良いのです。

 

あまり糖質を我慢しすぎてしまっていても、これがストレスになってしまって止めてしまうことになってしまっては意味がありません。ですから、どうしても糖質を食べたいというときには、あまり我慢をせずに摂取するようにして、気楽にダイエットをしていくようにしたほうが成功率も高くなるでしょう。

 

下半身についた皮下脂肪を落とす効果的な運動とは

 

下半身は筋肉も多いので、皮下脂肪を落とすには運動が効果的です。皮下脂肪を落とすのに効率的なのは筋トレと有酸素運動を組み合わせること。筋トレによって脂肪を燃焼しやすくし、有酸素運動で燃焼させることで皮下脂肪を効率よく落とすことができます。具体的にはどのような運動が良いのでしょうか。

 

特に筋トレは有酸素運動の前にしましょう。筋トレをすると成長ホルモンが分泌。成長ホルモンは脂肪を分解し、燃焼しやすい脂肪へ変えてくれるので、その後の有酸素運動がとても効果的なります。そして筋トレは基礎代謝を上げ、太りにくい体にしてくれます。

 

下半身の皮下脂肪対策には、足全体を使うスクワットがお勧め。道具も場所もいらないので始めやすいです。そして有酸素運動ですが、特にハードな運動は必要ありません。会話ができる程度の運動量で20〜30分くらい続けましょう。有酸素運動を10分行った時のだいたいの消費カロリーはこのようになっています。

 

ウォーキング 30kcal
エアロバイク 30kcal
ジョギング 60kcal
エアロビクス 80kcal
ヨガ 15kcal
水泳 60kcal

 

少なくても20分以上は続けるようにしてください。今まで運動していなかった人が突然筋トレと有酸素運動の両方をやるのは難しいかも知れません。まずはどちらかやりやすい方から取り組み、体が慣れてきたらもう片方をプラスすると長続きしやすくなります。運動は続けることで効果が出てきます。少しずつ、やりやすい運動から始めて下半身の皮下脂肪を落としていきましょう。

 

サポートにいかがですか?⇒ 皮下脂肪に効くサプリ

更新履歴